顔のたるみをとる意外な習慣とは?マッサージは効果ある?

顔がたるみやすい人

顔のたるみってすごく気になりますよね・・・。

『顔のたるみをなんとかしたい・・・』

顔のたるみさえなければ今よりも5歳は若く見えるのではないでしょうか。

この記事はこのような人におすすめです。

  • たるんで輪郭が崩れてきた
  • 頬のたるみでほうれい線が濃くなった
  • 目元のたるみで一気におばちゃんになった

ちなみに記事のタイトルにある顔のたるみをとる意外な習慣はこまめに立ち上がることです。

こまめに立ち上がるについてはこちら

マッサージは効果ある?についてですが、マッサージ即効性はあります。
ただしやりすぎは禁物です。

長期的な目線で見るとマッサージを行うよりも記事内で紹介している表情筋のトレーニングがおすすめです。

顔のたるみの原因

顔のたるみの原因

顔のたるみの原因は以下のようなものがあります。

  • 加齢による水分量の不足
  • 顔の筋肉を使わないことによる筋力の衰え
  • うまくスキンケアができていない

加齢による水分量の不足で顔がたるむ

加齢による水分量の不足で顔がたるむ

肌は細胞でできているので加齢によって細胞の量が少なくなり水分量が減ってしまいます。
肌の水分量不足はいわば生きている以上仕方のないことなのです。

加齢による肌の水分量が不足するとシワが多くなるばかりではなく、顔の輪郭がぼやけやすくなっていきます。

つまり乾燥肌は顔がたるみやすい状態なんです。

ただし何もしないでいるのとしっかりとスキンケアをするのとでは40代以降に大きな差がつきます。

顔の筋肉を使わないことによる筋力の衰えで顔がたるむ

顔の筋力の衰えで顔がたるむ

筋力も加齢とともに減少していくものです。
顔表面にあるいわゆる表情筋も30代以降目に見えて衰えが目立ってきます。

顔の表情筋を使っていないと顔のたるみはどんどんと増していきます。

うまくスキンケアができていないせいで顔がたるむ

うまくスキンケアができていないせいで顔がたるむ

ずっとハリのあるうるおった肌を保っていくために絶対必要なのは、高級な化粧品ではなく、たとえシンプルでも正しい方法で日々スキンケアを実施することでしょう。

日常的に美しい肌に近づきたいと願っても、健康に良くない暮らしを続けていれば、美肌を自分のものにするという願いは叶えられません。

なぜならば、肌だって我々の体の一部だからです。

栄養バランスの整った食生活や十二分な睡眠を取るようにするなど、毎日のライフスタイルの見直しをすることは、一番コストパフォーマンスが良く、着実に効果を感じられるスキンケア方法と言えます。

顔のたるみをとる意外な習慣3選

顔のたるみを取る意外な習慣

顔のたるみをとるのに意外な習慣3選を紹介します。

あなたに合ったやり方を取り入れてみて習慣にしてみてください。

  1. 家中にスキンケアアイテムを置いて保湿を欠かさない
  2. 表情筋を鍛える
  3. こまめに立ち上がる

家中にスキンケアアイテムを置いて保湿を欠かさない

家中にスキンケアアイテムを置いて保湿を欠かさない

家中にスキンケアアイテムを置いて気が付いた時にさっと保湿してあげましょう。

この方法は広末涼子さん牧瀬里穂さんが実践しているスキンケア方法です。

二人とも年齢よりかなり若く見えますよね!

イメージとしては常に保湿性の高い水の中にいるような感じです。
このような状態であれば肌の乾燥は大幅に防げます。

ただし毛穴の状態が詰まっているとどんなに化粧水で保湿してあげても肌の奥まで浸透していきません・・・。

なので美意識の高い人達は美顔器で洗顔料やクレンジングでは落とせない微細な汚れを落としているのです。

↓セルリターンは高いけどマジで毛穴綺麗になります↓

おすすめ!韓国の超美肌になれる美顔器「セルリターン」について

 

↓美顔器ティレットやリファをレンタルできます↓

参考高級美容家電を格安でレンタルできるサービス「ビラクル」

表情筋を鍛える

表情筋を鍛える

アナウンサーや舞台俳優の人は50代を過ぎても肌にハリがありたるみが少ない人が多いんですよね。その理由は常日頃から表情筋を動かしているからなんです。

日本テレビの藤井貴彦アナが実践している表情筋のトレーニング方法をご紹介します。
アナウンサーなので実際には滑舌のトレーニングなのですが表情筋に効果抜群です。

藤井貴彦アナが放送前に実践している滑舌トレーニング

『ダァラディリドゥルデェレドォロ』を繰り返すシンプルなトレーニング方法です。

  1. ダァディドゥデェドォ
  2. ラリルレロ

この2つの行をミックスさせた滑舌をよくするトレーニング方法です。

実際に行なってみるとスムーズに発音するのが難しくなっています。
舌をよく使うので二重顎や顔のたるみを防止します。

最近噛みやすかったのですが、このトレーニングを継続しているうちに滑舌が良くなり噛まなくなりました。
そしたら何故か二重顎も改善していて驚きました。

表情筋を鍛えるとたるみがなくなるということを実感できました。

蛇足ですが、アナウンサーが若く見えるもう一つの要因に歯の白さがあると思います。

顔のたるみを改善してホワイトニングで歯も白くすればより若見え効果アップですね!

こまめに立ち上がる

こまめに立ち上がる

1日中座っている人におすすめなのがこまめに立ち上がるということです。
こまめに立ち上がることによってふくらはぎのポンプ機能が働き体中のめぐりが良くなります。

その結果むくみが防止されて顔のたるみがなくなっていきます。

体に負担のかからない程度の運動でエネルギーを消費させるのも顔のたるみに得策です。

また便秘気味になると体臭や口臭がひどくなるのはもちろん、リンパの滞りの根本的な原因にもなるため要注意です。

顔のたるみを取ると若くなれる

顔のたるみのことならご相談ください

顔のたるみをとると見た目がすっきりして若く見えるようになります。

そのくらい顔のたるみは人を老けさせる要因なんです・・・。

  1. 化粧水や美容液での保湿
  2. 表情筋のトレーニング
  3. こまめに立ち上がる

どれもすぐに実践できる内容ばかりですが継続するのはとても難しいのです。

まずは3日間意識してこれらの事を行い、3日間できたら次は3週間を目標に頑張ってみてください。

3週間継続できれば習慣になりつつあるので、その後も継続できる可能性がグンと上がります。

最後に補足ですが余裕がある人は水分の摂取量も気をつけてみてください。
一日に摂取したい水分量の目安は約1.5L〜2Lです。
私たち人の体は約7割が水分でできていますので、水分が少ないと即座に乾燥肌につながってしまいます。

男性でシミが気になっている人におすすめ!

PEEL SHOT(ピールショット)の口コミレビュー!男のシミに効果あり?

タイトルとURLをコピーしました