トランスクリプト/Transcript

韓国ソウル生まれ。6歳の時に宣教師の両親とともに日本へ移住。日本語、韓国語、英語を操るトライリンガル・シンガーソングライター。甘く切ない、ソウルフルな歌声で、ピアノでの弾き語りを得意とする。2007年にファーストアルバム「REAL」を発表。2011年にセカンドミニアルバム「Believe in Love」を発表。2013年3月に初のフルアルバム「So Brand New」を発表する。

「Life Station Artist Information」より抜粋

僕高校の時からとにかくアメリカにすごく憧れてたんですよ。アメリカのライフスタイル、ファッションとか大好きで。だからアメリカ人になりたいっていうのがあった。だから、憧れのカリフォルニアきたっていうのもあったし、ドラッグやったりとかマリファナやったりとかってそういんじゃないけど何となく全て忘れて「イエーイ!」って。何か色んな楽しい、大学生の馬鹿な事して。

で、そのころにとにかく自分のアイデンティティが超分かんなくなったんですよ。何かっていうと、日本でも自分は韓国人でもない、完全に韓国人とも言えないし、でも日本人でもないし、僕はアメリカ人に超憧れて、「俺は色々影響受けまくるぞ」みたいな感じだったんですけど、逆に何かこう自分がよくわかんなくなったんですよ。とりあえずMTVばっかりみて、MTVで宣伝しているものを何とかがんばって買って、そういう音楽聞いて、フェスいって・・・。んでちょっとMTVにはまりすぎて、というかだんだん調子が悪くなって変になったんですよ。結果的にはちょっとカウンセリング受けて・・・。

でもそのすごい空しさを感じた時に部屋で一人こうもうダメだ限界だって祈った時に、内側から何かこうあたたかさを感じて、神様本当にいるんだっていう・・・。それが僕はすごく印象てきだったんですよね。

日本に結局アメリカで挫折して戻って来て、そういう中で一般の音楽事務所の社長からスカウトされて契約をして、でもそこでは完全に商売、ビジネスのための音楽、僕は商品。その売り出したい商品に僕を作り上げて行くっていう。イメージも全部変えて、あ、これ商品だって思って。それで結局その自分は何の為に音楽やるのかっていったら、神様の事を皆に知ってほしい。

その時にいのちのことば社ライフクリエーションの人とであって、そこから出したんですよアルバムを、僕が何かこうスーパーヒーローとしてっていうかスムーズな解決策を与える事は出来ないんですけど、「あなたは愛されてる、あなたは一人じゃない」ってメッセージを届けて寄り添う事は出来ると思う。

心の病をもっていたりとか、すごく寂しい人とか、僕がそういう人が僕と全然違うと思ってません、僕自身そうなんですよ。僕自身が実は活動を通してそういう人からの声をきいて、励まされましたとか共感しますとか聞いて僕自身が励まされてるんですよ。何か落ちてる投稿とかに、多分一番いいねも多い。分かりやすいですよね。コメントも多いし。で、結構、祈ってます、とかってあるんだけど、私もそうです。そういうの読むと、ああ何かよかった安心したって感じなんですよ僕も。

ちょっとつらい事とか、やなこと有ると、僕すぐ引きこもっちゃうですよ、部屋に。何をしているわけでもなく、ひたすら、落ちてる。はい。ひたすら落ちて、で、そういう時に急に良い歌詞が浮かんだりするんですよ。んでその浮かんだ歌詞、自分から出たんだけど、自分から出た感じがしなくて、それで、急に「はっ」て、解放されたりとか、自分がそれで何か癒されたりとか、そうするとそれを聞いて、私もすごくそうだって共感してもらえる、で僕も共感する。だから本当にお互いさまっていうか。相互作用っていうか。うん、だから、僕は意図してそうしているわけじゃないんだけど、精一杯やってこんな感じなんですけど、それが、励ましになってるっていうか、だったらそれはそれで感謝だなって、でも、その引きこもってるときは実際家族とか同じ、一緒に仕事してる人とかにはちょっと迷惑がかかってるんで、決して僕はこれを肯定してるわけじゃないです。だから、まとまんないですけど、何かすいませんって感じです。すいません本当に皆さんって感じです。うん。本当に。

SAMUELLE SOUNG

韓国ソウル生まれ。6歳の時から宣教師の両親とともに日本に移住。日本語、韓国語、英語を自由自在に操るトライリンガル・シンガーソングライター。ソングライティングだけでなく、その甘く、切ないソウルフルなハスキーヴォイスでピアノやギターでの弾き語りを得意とする。彼のインスピレーションのルーツは、高校時代から聴いているR&Bを中心に、また声楽家でもあり牧師である父親から影響を受けたゴスペル、そして留学中に更に感性が磨かれ、彼の楽曲に色濃く反映されている。飾ることなく自然体で神と、自分と、音楽と向き合いながら、自らを表現するサムエルは、今後各方面で大きな期待を集めるに違いない。

友達にシェアしよう!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Tumblr

Related Posts

HeroPic
, , ,

Ray Sidney

Happy, ゴスペル, 音楽
The-4-Points-Eriya-min
, ,

Eriya Oouchi

スポーツ, 夢, 向上心
HeroPic
, , ,

Asiah

音楽, 夢, 家族